二世帯住宅

二世帯住宅は安心して暮らせます!

二世帯住宅を選んだきっかけは妻が両親と離れたくないためで、二世帯住宅に住むことにしました。妻の両親は高齢で妻自身は末っ子のため愛情が強く、姉たちが結婚して家を出ても一緒に住みたいと言うために同じ場所で快適に住めるように考えたものです。二世帯住宅は限られたスペースの中で共用部分を作り、お互いに話し合って暮らせるため安心感がありました。また、バスルームやキッチン、リビングを共有することでコミュニケーションをしやすく、距離が近いため病気になってもすぐに対処できます。
二世帯住宅は個別に一戸建て住宅に住むよりも便利で、妻は末っ子で両親と30歳以上も年が離れているため一生一緒に住みたいと思い喜んでいます。両親は高齢になれば介護が必要になりますが、近くにいることですぐに対処できるため良かったです。結局は二世帯住宅を選ぶことで妻も安心した様子で、男兄弟がいなくて跡継ぎがいないために両親も妻と離れたくないようでした。