太陽光発電はメンテナンスも大変だったりする

太陽光発電は節税対策、災害時の備えなどいろんな目的区で使用されていて、導入しようと思ってる方たちが共通して心配してるのは太陽光発電設置する費用、本当に収入得られるか、fit制度終了後、太陽光発電使い道に関してです。太陽光発電はデメリット多いとされていますが、それ以上に金銭的にも環境やさしいなどメリットが多いです。そして、ローリスクハイリターンの太陽光発電を安全に始めるには費用や収益、さらにメリットデメリットまで広く理解してください。太陽光発電は太陽の光エネルギーを電気に変えますが、設置費用は住宅用なら150~300万円となります。初期投資の回収期間は約10年とされてますが、それは表面利回り計算したケースで年間メンテナンス費用など含まれてないことが多いです。ランニング費用含めコストどれぐらい回収できるか実質利回りで計算しなくてはならなくて、回収期間は約12~13年となります。そして、太陽光発電設置の時事前にシュミレーションをしてどれぐらいの期間で初期費用回収して、どれぐらいの利益出るのかチェックしましょう。この大きいメリットは自家消費による家庭の光熱費削減可能な点、売電収入2というメリットです。